027_ba5a1c7bf5652622aaaa68ff7e02456b

新仲間モンスター「キラーパンサー」の特徴を大予想!

バージョン4.1アップデートで実装される予定の新仲間モンスター「キラーパンサー

026_cf08271d91ca03fb051277c01000dff1

モンスター牧場の預かり枠に空きはありますか?
ぷくりんは、幸い1枠ずっとあまらせてたのですんなりいけそうです(`・ω・´)
牧場がいっぱいだった人は、課金で枠を増やすか、お別れするモンスターを選ぶかしなきゃいけないですね~

さて、キラーパンサーの装備武器種はどうやらツメで間違いなさそうです。

028_14733cc4d89fb902e2f73224deadf8ce

ところが、ツメ装備の仲間モンスターって、すでにドラゴンキッズ、プリズニャン、メタッピーの3種類が存在します

キラーパンサーが加わることでなんと4種類の仲間モンスターがツメ装備、という状況になるわけですね。
いったい、どんなふうに差別化されるのでしょうか?





すでにある3種類のツメ仲間モンスターの特徴と差異を参考に、新仲間モンスター・キラーパンサーの特徴を予想してみます。

32f0c853-s

まず、ドラゴンキッズは3種類の中で最もちからのスタータスが高いのが長所です。
HPは中程度ですが、すばやさが低め。
コドラゴラムで自己バイキルト+ズッシードでき、爪スキルではタイガークロー、ライガークラッシュまで習得可能。

020_329d8b18ce0abb929850202f675e6b94

プリズニャンは、あまりちからは強くないですがメタッピーよりは若干高い程度。
3種類の中では最もHPが高いですが、攻魔系も伸びるため全体としては中途半端なステータスです。
ツメとぐニャーで自己バイキルト可能、爪スキルはタイガークロー、ライガークラッシュまで習得可能です。

m76

メタッピーは3種類の中では最もちからが弱く、かわりに素早さと身の守りが高いのが長所。
HPはドラゴンキッズより若干多め、
バイキルトを習得可能で、爪スキルはタイガークロー、ライガークラッシュまで習得可能です。

こうしてみると、パワー型のドラゴンキッズ、手数と硬さ自慢のメタッピー、高いHPと愛嬌だけが取り柄のプリズニャン、というふうに差別化されている感じでしょうか。

既存3種の特徴を殺さずにうまく差別化してキラーパンサーが追加されるとしたらどうなるでしょうか。

まず、ちからはドラゴンキッズより若干低めになるのではないでしょうか。
高くしてしまうと、ちからだけが取り柄のドラゴンキッズはほんとうにいらない子になってしまいますから…

同様にみのまもりはメタッピーより低め、HPもプリズニャンより低めになりそう。

総合的にバランスの取れたステータスになる、という気がしますね!

既存3種がすべて自己バイキをもっていることを踏まえると、キラーパンサーにも何かしら自己強化スキルはありそうです。

でもそれだけじゃ平々凡々、無個性、ということになってしまいます。

キラーパンサーがそんなわけ無いですよね。

となると、キラーパンサーの特徴はおそらく爪スキルよりも固有スキルの方にある、と考えるべきでしょう。

ドラクエ過去作品におけるキラーパンサーの特徴はどうなっているかというと、ドラクエモンスターズジョーカーなどでは素早さを上げたり行動間隔アップ、回避率アップなどの特技を持っているのが特徴となっています。

ドラクエ5では、きあいため、おたけび、いてつくはどう、いなづまなどを使用します。

これらを加味して考えると、ドラクエ10のキラーパンサーも素早さが高く、何かしら行動間隔回避率を上げるような特技を持ち、さらに武闘家のように「ためる」系のテンションアップ技をつかえるのではないか、という気がしますね!

テンション系の特技というと、既存3種にはドラゴンキッズのドラゴンビートしか無いので、キラーパンサーに能動的にテンションアップする特技を付与することで他3種との差別化が図られているのではないか!?と予想してみます(`・ω・´)

この手の予想はだいたいぷくりんの「期待」がこもりすぎてて外れるのがデフォなので、もしあたったら褒めてください(笑)

いずれにせよ久しぶりの仲間モンスター追加なので、わくわくしますね!(`・ω・´)